メインコンテンツに移動
「バーニャカウダ トリュフ入り」で、鮭ちゃんちゃん焼き。

「バーニャカウダ トリュフ入り」で、鮭ちゃんちゃん焼き。

北海道の名物「ちゃんちゃん焼き」って、可愛い名前ですよね。
名前の由来は諸説あるそうです。
「ちゃっちゃと作れるから」「作るときに鉄板のチャンチャンという音がするから」「お父ちゃんが作るから」
「出来るのが待ちきれなくて、食器をチャンチャン叩いたから」などなど。
なんだか由来まで可愛らしいですね。

今回のドーピングネタ

材料(2人分)

バーニャカウダ 1/3瓶
鮭 2切れ
トマト 1個
しめじ 1房
味噌 大さじ1
バター 大さじ1
水 200ml

つくってみる

Time needed: 20 minutes

  1. を食べやすい大きさに切る

    トマトは煮崩れるので、大きめでOKです

  2. ・バタ−・水を混ぜてソースを作る

    きれいに溶かさなくてOKです

  3. フライにすべての材料を入れて煮る

    フタはしません
    具材に火が通るまでです

  4. 完成

\ オススメ度 /

75
「バーニャカウダソースはやっぱり野菜かな」と思ってしまいました。
いやいや、もっとうまいことやれば美味しくなりそうです。
というより、魚でなく鶏肉の方が合っていたかも。
まだまだ修行不足です。