メインコンテンツに移動
「太陽のアホスープ」で、スープカレー。

「太陽のアホスープ」で、スープカレー。

商品名に一目惚れして購入しました。
だって「アホスープ」ですよ!
スペイン語で「アホ」って「ニンニク」のことなんですね。
それなので「バカ(雌牛)のアホ炒め」なんていう料理もあるそうです。
「太陽のアホスープ」って、日本語そのままの意味だったら、ものすごく陽気な料理ですね。

今回のドーピングネタ

材料(2人分)

アホスープ 1袋
手羽元 4本
にんじん 1/4本
ナス 1本
ピーマン 1個
ゆで卵 2個
しょうがチューブ 3cm
オリーブオイル 大さじ1
カレールー 1キューブ
スパイス(ローリエ・ガラムマサラ・クミンなど) あればでOK 
ご飯 2人分

つくってみる

Time needed: 35 minutes

  1. ゆでを作っておく

  2. を引いた鍋で、を炒める

    焼き目がつくまでです

  3. ・ナス・も加えて炒める

    少ししんなりするまでです

  4. アホを入れて、具に火が通るまで煮る

    鍋にフタをします
    中〜小火です

  5. 刻んだルー・チューブ・ススを入れ、溶けきるまで煮る

  6. とライスを別の皿に盛り、ゆで卵をトッピングする

  7. 完成

\ オススメ度 /

90
「家庭のカレー」より「お店のカレー」に近いものになって美味しかったです。
ただ、本物のスープカレーより、少しトロついてしまいました。
水を入れてサラサラにすることもできますが、味の濃度はちょうど良かったので、このままでいいのかも。
カレー粉を使えばいいって話ですよね。
使うスパイスによって、いろいろなバリエーションが楽しめそうです。